--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめん!シリーズ(笑)

2010年11月11日 15:29

もうね、SPに関して言いたい事がいっぱいあって!
書き出したらスッキリするかなーと思って記事にしちゃいました。
続きにダラダラと書いてあるので(ネタバレも含む)みなさんスルーしちゃって下さいね!

そうそう、そらさんって主人公の事を「ちゃん」付けで呼びます。
例えば私の本名が「ハナコ」だったら「ハナコちゃん」って。

で、夫は私の事を「ハナ」と名前を略して呼ぶのだけど、
先日、機嫌取る時に「ハナコちゃん♪」と呼ばれ思い切りイラッとしました(笑)
内心「そう呼んでいいのはそらさんだけ!!」と思いつつ睨み返した。と。

リアルな生活にも思い切り支障でてますww

続きでSPなつぶやき。無駄に長いから注意!
さーて。
まずは、ぐりー版のSPに不満タラッタラ!以下ネタバレなので反転。

最初は良かった。
無駄にそらさんがスマートでいい男すぎて笑えるくらいで。(まぁ、違和感はあったけどw)
そらさんが「顔に睫毛ついてるよ」と主人公の顔に手を伸ばした時に「キレイな顔・・・」
と主人公が見とれるのも好感度高かったし!
(↑本編で女装の時ばかりキレイ!カワイイ言われてるそらさんが男のままの姿で思われてるとなんだか嬉しいv)
女装任務で大学行ったりとかも新鮮で。
その後、主人公の危機を身を挺して護ってくれて任務終了後にこれでまた会う機会もないかな?みたいな感じで
お別れするのもスマートだったんだよね。

で、問題はその後。
桂木チームの飲み会に呼ばれて酔ったそらさんに帰宅中のタクシーの中でキスされるという!
しかも、覚えてないし!!ってありがちな展開!!
コラー!!!軽すぎるだろ~!!!って私が怒ってたワケですよw
その後、また脅迫状騒ぎでそらさんが主人公を警護するんだけど、酔ってキスした事を覚えてないそらさんに
主人公がたまらなくなって「ドン!」とはね除けて走り出したタイミングでひったくりに遭う。
バックは取られて、足を挫いた主人公にそらさん慌てて駆け寄って支え、班長に電話。
ひったくりの車体ナンバー伝えて病院へ連れて行くための車を手配します。
車の中では昴さんが「そらの責任」を問いますが主人公は「私のせい・・・」と言いかけるのを
そらさんは「全て自分のミス」だからと主人公を制するのだけど・・・だけどね??

主人公にケガさせる事自体がもう不服!!(しかも病院って・・・!)
本編アプリでは、主人公の手の甲にかすり傷ついただけで「オレ、SP失格だ。マルタイ傷つけた・・・」
と落ち込むそらさんなんですよ!それだけ仕事に誇り持ってるのに、この展開かよー!って思って。

なんか、展開が強引というか、ホントにそらさん軽い人みたいな感じでショック。
(や、軽い人なんだけどねww)

その後、班長に自ら主人公の専属を瑞貴に変更して下さい、とお願いした所で次のエピソード待ちです。
ううーーーーーん・・・・・

こんな感じで進められるので、私の意欲も低下。
最後まで続けられるか心配だわー・・・・。


本編アプリのほうでも、そらさんは人気度が低いので、ますますファンいなくならないか心配です。
そんな人気低い彼にナゼ惚れ込んでいるのか、私もナゾですが(笑)

以下は本家シナリオをネタバレしているので見たくない人は注意してね☆☆☆










本家アプリで、そらさんに最初に惚れたのは「お見合い編」。

口では「襲っちゃうよ?」とかイロイロ言う割には何もしてこない事を主人公がそらさんに打ち明けると、
「オレの過去他のSPから聞いちゃってるんでしょ?すげー遊んでたとか」と話すそらさん。
「でも、オレだって本当に好きな子の前では緊張とかするし大事にしなくちゃって、すっごく思うんだよ」
というセリフのやり取りにノックアウト。

その後のパリ番外編では、誘拐予告されてる主人公の夜中の警護に来たそらさんのシーンに再び惚れる///

そっちの部屋のソファで待機してるから・・とあくまでも仕事を貫き通す姿勢がカッコイイv
それを主人公が「行っちゃうんですか?こっちの部屋で・・・待機するのはダメですか?」
とカワイイ事言っちゃうわけですよww
「・・・他にご要望は?」←きゃ~///こういうのに弱い私ww
と聞いて来るそらさんに対して選択肢で
『あの、抱きしめて・・・なんて』を選ぶとですね!!

「イケナイお嬢様だなぁ」
と主人公の左手を両手でそっと包み込むように握りしめてこのセリフ!
「抱きしめちゃうと、歯止めがきかなくなっちゃうから・・・今日はこれで我慢して・・ね」
キャー!!何、この紳士的な感じ!!とさらに骨抜きにされたワケなんですよ!
そのままずっと手を握ってくれて、安心した主人公は眠るわけなんですが。

も~///このやりとりが好きでねー///
上手い事、乱あ変換できないかどうかずっと考えてるんだけど、好きすぎて出来ないっていうか、
乱あじゃ、こう素直にできないじゃん!となるワケで(笑)

あと、本編のほうでも私を惚れさせる要素があってね♪(ああ、もう楽しくなってきたv)
一番最初に手の甲にスリ傷・・・の話を書いた場面なんだけど、
その傷の部分にそっと唇を当てるんですよ~///
主人公が驚いて選択肢『な、何ですか・・!?』を選べば、

「・・・さぁ?」←この言い方が好き!!

さぁって!と慌てる主人公に「うそうそ。消毒だよ」とはぐらかすんですが、
顔が真っ赤な主人公に「ゴメン!ゴメン!冗談がすぎた・・・」なんて言うんですよ。
主人公はマルタイなんだからからかわないでください・・・と呟くんですが、
この時にすでに二人の気持ちが只の警護対象とSPじゃなくなってるんですよね。(たぶん)

その後、おとり捜査の過程で主人公を庇ってグッサリ刺されたそらさんが
主人公にもたれながらも「大丈夫・・・?オレ守れた?傷ついてない・・?」と
血を流しながら言うのがも、全部好きだ!!←こんな言葉でしか表現できない自分がもどかしい!

要するに、本編→番外編を重ねていくウチにハマっていまうのですよ~そらさんルート!!
そらさんって、1歳くらいの時にお母さんが男を作って出ていってしまい、
お父さんは5、6歳の時に他界してしまったので、施設で育っているんですよね。
そういう背景があって、「恋は花火のようにパッと燃えあがって消える」みたいな事考えてて、
たくさんの女の子と広く浅く付き合うのも、色んな感情があるゆえでの行動なのかなーと思ったり。
どんな、緊迫した場面で笑顔崩さないのも、そういう人生歩んで来ての事だと思うんですよね。
(後輩の海司が「そらさんはどんな時でも笑顔だからスゴイ」と褒めてたし)

まーゲームのキャラなんで、そこまで深読みするっていうのは、もう好きだからなワケで。
SPは他にもカッコイイキャラ多いし、性格も惚れる要素たっぷりな人物ばかりなので、
自分の好きな人が見つかればドップリ深みにハマるという・・・w

あ!あとね!!本家アプリはシナリオの途中で華麗なイラストが登場するんだけど、
そらさんが一番「コレ・・・どこのイケメンですか??」という絵柄が多くて笑えますww
ホント、イケメンのイラストなんだけど、そらさんじゃないんだな~あははww

実際に、今、一番人気の昴さんルートプレイ中ですが、
これがまた面白いんですよ~/// さすがシナリオがしっかりしているというか。

どのルートをプレイしてても思うのですが、
チーム全員がホントに信頼し合ってて、個々の能力を認めてるし、仲間を大事にしているといのが
すごくわかるので主人公の色恋沙汰を抜いても、キャラが楽しすぎてどうしょう!!って感じ。

そして、ここ何日かSPの二次創作サイトを巡ってみてるのですが、
まー、そらさんの小説の少ない事!ほとんど昴さんと班長ばかり。
思わず自分で書いてやる~!と思ったんだけど、自分で夢小説書く程切ないものってないよね??
だって、対象が自分×そらさんなんて、どんな羞恥プレイなの///
恥ずかしすぎるっww

これは大人しく携帯で遊んでろっていう事ですよね~w

そうそう、番外編でクリスマス編も大好きなんだけれど、
これは何とか脚色して乱あ変換できないかなー?と考えてますv

ネタバレついでに。
S/Pの映/画の尾形さんのセリフ。
「残念だよ・・・・。」これを今、ぐりー版にむかって呟く私でした(笑)

しっかし、この記事長いですね・・・
どんだけ愛がこもっているのかと(笑)

けど、まだ語れ!と言われたら語れるよ!←やめれww
とりあえずは、今日はここまで(^_^)
書いた事で少しスッキリしましたv



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cocorononakabox.blog12.fc2.com/tb.php/339-20b08190
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。