--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼鏡ノムコウ

2011年04月10日 16:17

眼鏡メガネ

リハビリ中~。
メガネを上手に描けるようになったら何かが変われるような気がする~
と大げさに呟いてみましたが、メガネを侮ってはいけません。

ハイ、ここで特捜・京橋さんのメガネ談義。
(特捜番外編「チョコレート・ふわり」の二課での会話より)

京 橋「メガネを侮ってはいけません」。人は二面性というものに惹かれる生き物なのです」
天王寺「はぁ?」
京 橋「私は普段メガネをかけていますが、24時間かけているわけではありません」
浅 野「あたりまえ」
八千草「ハハ。一瞬、曇ったメガネで湯船に浸かる克之さん(京橋さんのこと)想像しちゃった」
主人公「それウケる!」

京橋さんは私たちを一瞥してから、先を続けた。

京 橋「限られたシーンでのみ、私はメガネをはずします。そしてメガネをかけている時と外している時では、当然印象が異なるはずです。つまり、メガネの下の素顔は、女性の下着と同等の価値があるのです」
天王寺「…は?」
花 井「なんだそれ?」
主人公「…今、ありえないくらい話が飛んだ気が……」
八千草「うんうん」
桐 沢「京橋お前、頭大丈夫か?」
京 橋「いたって正常です」

京 橋「みなさん交通課のバービー巡査をご存知でしょう」
主人公「ああ、あの超美人で八頭身の…バービーじゃなくて中村さんでしょ」
京 橋「あのバービー巡査が、もしブラウスの上からブラジャーをつけていたらいかがですか」
一 同「・・・・・・・」
京 橋「そそられますか」
一 同「・・・・・・・」
京 橋「おそらく、その下着に対する興味は失われるはずです」
八千草「…確かに…」
天王寺「丸出しにされたら台無しやん」
京 橋「つまりはそういうわけなのですよ」
桐 沢「さっぱりわからないんだが」
花 井「俺は言わんとしているところが分かってきました…」
京 橋「簡単に言えば、ミステリアスな部分が大事という事です。普段明らかになっていないものだから興味がわく。服の下にあるからこそ暴きたくなる。分かりますか」
主人公「京橋さんが相変わらず変態ってことがわかりました」

うん、相変わらず変態だよね!
だが、なんとなく言わんとする事はわかるよーなわかんないよーな(笑)

・・・・何度も言いますが、コレ番外編で京橋さんルートなので主人公と京橋さんとは恋人関係です。
こんな変態発言してますが、お話の最後は甘いのだよ(笑)

あ、ちなみに八千草瑛希くんが只今の攻略ルートの彼です。
もうすぐ本編終わるんだけどノマエンだったら泣く・・・・!!

あれ?今日の記事何が描きたかったんだろ?
とりあえずメガネでも男子でも上手く描けるようになりたいってこと!


拍手ありがとうございました!
嬉しいです~(^_^)









スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cocorononakabox.blog12.fc2.com/tb.php/434-e41c0d26
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。