--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイボール<二十歳設定乱あSS>

2012年02月05日 11:10

昨日は眼科で花粉のお薬を処方してもらってきました。
飲み薬+目薬3種でなんとかこの時期を乗り越えたい。

息抜き………というか、
原稿しなきゃ!と思うと別の事に気が向いちゃって
どうしようもないんですが二十歳設定のSS出来たのでUPしておきます。

相変わらず甘くないですけどね!


拍手ありがとうございました~v
Sさーん!お互い脱線しつつがんばろーね(笑)



スト☆マニというゲームのOPがほそやんで、
繰り返し見てたらプレイしたくなってきたというねww
三銃士モチーフのゲームも気になるんだよねえ。
ブラコンは買います。(ひとりごとw)







ハイボール
Highball




「でねでね!その先輩っていうのが顔が良くて優しくて頭がいいのっ!少し背は低いんだけどさ~そんなこと気にならないくらいいい男なのっ」
「どーーーーーーーせ、アレだろ?そういう奴に限って美人の歳上彼女いましたってオチだろ?」
「うっ………………」
「コラーーーーーーッ!!!だいすけーーーっっ!!!さゆりの傷を抉るなっっ!!」
「あーーーん、あかねえ~っっ、だいすけがいじめる~~~っっ」
「よしよし。あたしの胸で泣いて、ね?」
「あかねっ!!俺もこの前彼女と別れたっっ!!胸貸して…………いってっっ、乱馬っ加減しろっ!!!」
「ああ、悪い。手が滑った。大体なあ、こんな色気のねえ女の胸借りたって…………ぶっ!!!」
「誰が色気がないって?」
「おしぼり投げんなっ!あっぶねーだろ!」
「あんたが悪いんでしょっ!」
「そーよっ!あかねのどこ見て色気がないって言うのよお!?ホラ胸だって………んふふ、あかねのやーらか~いっ♪」
「やっ、ちょっ……と、さゆりっ!?」

泣き真似であかねに抱きついてたさゆりがあかねの胸を両手で触って少し揺らす。
その手つきの感じから、あかねの……その……胸の大きさとか諸々想像出来て頭に血が上りそうだ。

ーーーーーーそしてさゆりを恨む。
だいすけとひろしも想像たくましく真っ赤になってんぞ。

「ごめんねえ?あたし乱馬くんより先に触っちゃったかなあ?」
「うぐっ……っ!!」

冷めたトマトベーコン巻きを串からはずして
口に放り込んだ時だった。
さゆりの一言にかろうじて口の中のものをこらえた代わりに
ノドに詰まってくるしい。
隣のひろしが笑いながら背中を叩いてくれる。
さっきの仕返しと言わんばかりに、思い切り力は入っていたが。
あかねは「何むせてんのよっ」と少し赤くなりながら顔を背けて、
少し残ってたハイボールで喉を潤してた。




金曜の夜の居酒屋は賑やかだ。
特に、この店は大学の最寄り駅前店というだけで、
若い客があちらこちらで楽しそうな宴を開いてる。

入店の際に『本日は混雑の為ご利用時間は二時間となっています』と案内をうけてから一時間弱が経過していた。
最初にまとめて頼んだつまみの皿も空になっているものも多いが、
それをこまめに下げにくる程、店員達も余裕はないらしい。

「ドリンク追加する人ー」
「俺、中生」
「あ、オレも」
「あたしカシスソーダ。あかねはどーする?」
「じゃあ、ハイボールで。乱馬は?」
「おれはグレープフルーツサワー」
「あと和風ピザ頼んどいて」
「俺はなんこつ揚げ!」
「だいすけ好きだよねえ、なんこつ」
「ここのスパイシーで上手いんだって」

高校の時の仲間と時々こうして飲むのが楽しみのひとつになっている。
メニュー表を見なくたって覚えてるくらいに皆でこの店に来るのも多かった。

大学は皆バラバラで。
おれとあかねだけが同じ大学だっていうのが奇跡みたいなもんで。
まあ、学部は違うし校舎も違うから同じだって言っても会うことはないけれど、
それでも『同じ学校名』が嬉しくないか?と言ったら嘘になる。
ただ、あかね以外の4人には『おれが相当頑張って同じ大学へ進学した』と
誤解されてんのが未だに心外なんだけどな。

追加の注文の後、あかねが席を外した。
行き先は化粧室だと、手に持ってたポーチで理解できた。
だが、いつまで経っても帰って来ないことに何となく嫌な予感がして。

「おれもトイレ行ってくるわ。ピザ残しとけよ」
「保証はできん」
「大丈夫よ、乱馬くんのお皿に取り分けておくから」
「サンキュ、ゆか。んじゃ」

なんとなく足早におれが化粧室へ向かったのを見て、
その場の全員がニヤニヤしていた…………………らしい。

「さすがの乱馬も女子トイレには入らんだろ」
「わかんないわよ?あかねの為なら水被って………」
「ありえるな」
「うん、じゅーぶんありえると思う」
「だよなあ…乱馬のやつ、あかねにベタ惚れだしなあ」
「本人、それを気付かれてないって思ってるんだから笑っちゃうのよね」
「あんなに、わかりやすいヤツって滅多にいないのにな!」
「ね~~~っ♪」
「そもそも高校の時からさ、乱馬って………」

と、だいすけ達がおれをネタに飲んでいるとは全く思いもしないまま、
店の死角にある男女別れた化粧室へ続く廊下を曲がろうとした時にその声は響いた。

「もう、いい加減にして下さいっ」

あかねの声と男の呻き声に、おれは慌てて角を曲がってその姿を確かめた。

「あかねっ……!!」
「あれ?乱馬?」

店の奥にある男女別れた化粧室のある前の廊下で、
あかねが知らない男の腕を後ろに捻り上げていた。

「おめー…何やって……」

おれが声をかけたことで緩んだあかねの手から、
サラリーマン風の若い男が顔を伏せながら走って逃げて、あかねは軽く息をついて、肩をおろす。

「……ちょっとしつこく絡まれちゃって。まさかお店で投げ飛ばす訳にもいかないし」

だからこれでも加減したのよ?なんて眉を寄せて笑う。

「おめー……………なあ~~~~~~~~っ」

あかねの両肩に手を置いて、
おれはそのまま気の抜けたようにその場にしゃがみこんでしまった。
引っ張られるような形であかねもしゃがみこむ。

「ちょっと…どうしたのよ?」
「どうしたもこうしたもあるか。おれを呼べよ!こんな時はっ!!」
「あたし一人でだって大丈夫よ。良くあることだし?」
「だからって、おめー……………」


酔って絡まれてしつこかったので腕捻って懲らしめてました、なんて。

あかねの強さを認めていないわけじゃないけれど、そんなの納得できるわけがない。


「危ない時には呼べよ。少なくてもおれが側にいる時には」
「………………何でって、聞いてもいい?」
「………………許嫁、だろ。おれたち」

しゃがみこむ形で頭付き合わせて関係の確認しなきゃいけない程に、
まだまだおれたちは不安定なままだ。

「………乱馬のばーか」
「なんでだよ」
「『許嫁』って、便利な言葉よね」
「………うるせー」

あかねの肩に置いたままだった手を二の腕まで滑らせて立ち上がるのを促す。

そして、離しがたい手をそのまま引いて自分の胸にあかねを引き寄せた。

「鈍いくせにばかとか言うんじゃねーよ」
「あんたがハッキリしないくせに」
「おめーだって、いっつも男に絡まれてんじゃねーよ」
「あたしだって好きで絡まれてるわけじゃないわよ」

寄りかかっておれの胸に顔を埋めるあかねの背中に腕を回して抱きしめた。

「おめーさあ……酔ってんだろ」
「……そう、かもね。乱馬だって……」
「ああ、酔ってんの……かも、な」

お酒の力で少しだけ大胆になってるって、そんなのおれもあかねもわかってる。

それでいい。

酔いが醒めたら、いつものおれたちにすぐ戻れるさ。
戻ったときに『惜しいことをした』と思うのと同じくらい『ホッ』とするんだ。

化粧室を利用する客がおれたちの横を通りすぎてく。
冷やかしの視線を投げて行くけれどそんなのは一瞬だ。
皆、楽しさと酔いで周りの事なんて然程気にしていないのだから。

次の客が通りかかるまでは、このままでいようと。
心の中でそう決めて、あかねの細い身体を抱きしめ続けてた。





「あいつら遅いな」
「そのうち戻ってくるわよ。どーせ、ちょっといい雰囲気になってたってたかが知れてるから」
「うわっ!さゆりの見解酷くね?」
「じゃあ、賭けようじゃないの。はい、あかねと乱馬くんの恋愛事情はどうなるかっ」
「あ、俺『結婚まで進展しない』に賭ける」
「あたしも!同じく~」
「オレもそれそれ!」
「……………それじゃあ、賭けになんないじゃない」
「だよな…」
「そうね…」
「だな……」




:::::::::::::::::::::::::::::::


再び「夜の向こう側」の番外編。
「ブラックオリーブ」よりも前の話かな。

お酒飲んでる話は書いてて楽しいんですが誰が何をしゃべってる?っていうのが難しい。
だいすけ・ひろし・ゆか・さゆりの会話は適当に想像しておいて下さいw

乱馬は自分でバレてないと思い込んでるのに、
第三者目線から見て「あかねにベタ惚れ」っていうのがバレバレなのが好き。


お酒は二十歳になってから。
この6人はみんな二十歳になってますのでご安心を(笑)


スポンサーサイト


コメント

  1. REI | URL | -

    はじめまして

    先日は訪問、拍手、コメントありがとうございました。
    coco様からコメントいただけるなんて!と感激しました。
    小説、イラスト、同人など幅広く活動されていて、
    いくつか拝見させていただきましたがとても素敵でした。
    特に、個人的に初期で『若干頑張るS乱馬×ロングあかねちゃん』が
    すごくきちゃうので(笑)2日のイラストなどもうドツボでした!笑
    またお邪魔させてください!
    1000% Love girl!??も楽しみです。
    お忙しいとは思いますが、サイトの更新応援しています。
    これからもよろしくお願いします(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cocorononakabox.blog12.fc2.com/tb.php/582-e0062d47
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。